未分類

副業で20万円以上稼いだら申告が必要?

投稿日:

副業の利益が20万円以上なら確定申告が必要)
ネットビジネスの副業歴が3年のサラリーマンの私。結論を先にまとめさせていただきますと、副業収入は20万円以上の所得になった場合、確定申告が必要です。会社員の方は経験がないことかと思いますが、確定申告は毎年1〜3月に税務署に行き、必要書類を持参して昨年度の収入に税金がどのくらいかかるかを調べてもらう制度です。ちなみに、副業収入が20万円以上の私ですが、確定申告で税金がかかったことはありません。
所得というのは?)
副業収入が20万円以上は確定申告が必要といわれているのに、申告に行っても税金がかからないこともある。とても矛盾している仕組みに思えます。ですが、そうではないのです。というのも、収入が20万円以上あったからといって20万円全てが自分の儲けになったわけではないからです。収入から経費を引いた残りの金額、つまり利益が「所得」として扱われます。私の場合ネットビジネスの収入が40万円あったとします。そこから、毎月のスマホの利用料金と自宅のWiFiの利用料金、1万円×12カ月で120000円、さらに自分のサイトのサーバー利用料金とドメイン使用料が年間15000円。他にも、毎日2時間分の電気代1200円×12カ月で14400円、情報収集のための書籍代が20400円と14400円、取材のために訪れた温泉地の宿泊費が20000円×3回で60000円。これらを合計すると、244200円となり、収入の40万円から引くと利益は155800円。所得は155800とみなされます。
副業収入が20万円以上なら一度相談してみる)
本業を補う程度の副業では、普通は白色申告を行います。白色申告は、「雑所得」の計算をするための申告で、申告が簡単な分、移動費などの細かな経費を申告できなかったり、赤字を翌年に持ち越せないなどのデメリットがあります。一方で本格的な青色申告というのもあり、こちらは「事業所得」を計算するための申告です。赤字の繰り越し、本業の収入もまとめて控除の対象になるメリットがありますが、こちらは書類の形式も複雑です。経費についても、原材料費や人件費の詳細な内訳、事業計画や収入歴、赤字の補填方法など細かな申請書類が必要になります。自営業歴の長い方は、慣れていることとおもいますが、青色申告を個人が用意するには多くの手間と時間がかかります。専門業者や税理士に依頼する事業者も多いほどです。そこまでの利益が出ていない方や暮らしを支える収入ではない副業なら、20万円以上の利益のあった方は白色申告で税務署に相談した方がコストも時間も減らすことができますよ。

-未分類

Copyright© 副業レビューオンライン|稼げる副業の評価・評判・レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.